大阪「豊中」の皮膚科・アレルギー科をお探しならきたば皮ふ科。阪急宝塚線「豊中」駅すぐ。アトピー、蕁麻疹、ニキビ、水虫、乾燥肌等幅広く対応します。皮膚のトラブルに関する事なら何でもお気軽にご相談ください。

主な対象疾患

小児皮膚科

お子様のお肌は大人に比べてとても敏感で、小児特有のトラブルも生じます。
しかし小さなお子様は自身の症状をうまく伝えられないことも多いので、なにかお気づきになられましたら、お早めに当院へご相談ください。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎はかゆみのある湿疹が良くなったり、悪くなったりを繰り返す病気です。アトピー性皮膚炎はもともと皮膚のバリア機能が弱く、アレルギー反応を起こしやすい人(遺伝因子)にダニ、ハウスダスト、細菌、乾燥、汗やシャンプー、石鹸による刺激、ストレスなどの環境因子が加わることによって発症し、悪化すると考えられています。
また、年齢により症状や皮疹のよく出る場所が変化します。

治療は、スキンケア(皮膚の清潔、保湿剤などによる保湿)、悪化因子の除去、炎症を抑える治療の3つを組み合わせて行います。
炎症を抑える治療としては、ステロイド外用薬やタクロリムス軟膏(プロトピック軟膏)を中心とした治療を行い、痒みが強い時には飲み薬を併用します。

当院では、問診や検査などから悪化因子を調べ、適切なスキンケアや外用方法をわかりやすく説明・指導し、治療を行います。

※脱ステロイド治療は当院では行っておりません。

湿疹

湿疹とは、皮膚に炎症を起こす病気の総称です。湿疹にはさまざまなものがあり、原因もそれぞれ異なります。接触皮膚炎・アトピー性皮膚炎・脂漏性湿疹などがあります。

症状は赤い皮疹と水ぶくれ、びらん(ただれ)、潰瘍(かいよう)、かさぶたとすべての段階の皮膚病変が混在した状態となります。発症してから時間が経っているものは皮膚の表面が厚くなり、色素沈着や色素脱失を生じることもあります。

接触皮膚炎(かぶれ)

いわゆる「かぶれ」といわれている状態です。触れた物質による刺激で起こる「刺激性接触皮膚炎」 、触れた物質によるアレルギー反応で起こる「アレルギー性皮膚炎」があります。接触した部分の皮膚に紅斑が現れ、ひどいときには、腫れ上がったり、水ぶくれが出現したりします。

原因として、植物、金属、薬品、毛染め、香料、防腐剤、ラテックス(ゴムの原料)など、身のまわりにあるほとんどの物質が原因となり得ます。

問診やパッチテストなどで原因となる物質を突き止めて、その物質との接触を避け、ステロイド外用薬を使用します。かゆみが強い場合には、抗ヒスタミン薬を内服します。

皮脂欠乏性湿疹・乾燥性湿疹

皮脂欠乏症(乾皮症)は、皮膚の表面の脂(あぶら)が減少することにより皮膚の水分が減少して、乾燥を生じてしまう病気です。 中高年者の手足、特に膝(ひざ)から下によくみられ、皮膚がカサカサしてはがれ落ちたり、ひび割れたりします。
また、かゆみを伴い、掻(か)くと悪化して湿疹になったりします(皮脂欠乏性湿疹)。

空気が乾燥しはじめる秋から冬にかけて症状が出はじめ、真冬になるとひどくなりますが、夏には自然に軽快したり、治ったりしてしまうこともあります。だれでも年をとってくると、程度の重い軽いはありますが、皮膚の乾燥が生じてきます。女性の方が男性よりやや早い年代から起こってくるようです。

症状がひどくならないようにスキンケアをすることが大切です。湿疹になるとステロイド外用薬にて治療をします。

じんましん

じんましんは、小児から成人まで高頻度に生じる病気で、蚊にさされたような盛り上とかゆみを伴う(かゆみを伴わない場合もあります)病気です。数時間のうちに跡を残さず消え、また他の場所にできます。症状が出始めてから1ヶ月以内に治る急性じんましんと症状が1ヶ月以上も続く慢性じんましんに分けられます。

急性じんましんは食物、細菌やウイルス感染、薬剤が原因のこともありますが、慢性じんましんを含め、ほとんどが原因不明の場合が多いです。
また特殊なじんましんで、温度の変化(温熱、寒冷じんましん)、入浴、運動・精神的緊張などによる発汗(コリン性じんましん)などがあります。

じんましんが出ている時、出やすい時は、アルコール摂取、激しい運動、入浴(シャワーやぬるいお湯にしてくください)、背中の青い魚(サバ、マグロなど)、香辛料、アク抜きが必要な野菜(タケノコ、ほうれん草、小松菜など)はじんましんを悪化させる可能性がありますので、控えてください。

治療は、抗ヒスタミン剤・抗アレルギー剤を内服します。慢性じんましんの場合、長期にわたり薬の内服が必要なこともあります。
じんましんが出ている時に、しんどい、息が苦しい、目の周り、口の周りが腫れる、涙、せき、腹痛などの症状を認める場合は、命に関わる重症のじんましん(アナフィラキシー、アナフィラシーショック)の可能性があります。その場合は、すぐに入院施設のある医療機関を受診(救急受診)してください。

乾癬

乾癬(かんせん)は皮膚の炎症症状を伴い慢性の経過をとる病気です。他の人に感染する病気ではありません。
皮疹は、頭皮や髪の生え際、ひじ、ひざなど比較的刺激を受けやすいところに出やすいです。爪にも症状が出ることがあります。典型的な皮膚症状は、皮膚から少し盛り上がった赤い発疹の上に、銀白色のフケのようなもの[鱗屑(りんせつ)]がくっついてポロポロとはがれ落ちます。

乾癬にはさまざまな種類があり、症状の現れ方が異なります。
症状によって以下の5つに分類されます。

  1. 尋常性乾癬皮膚症状のみ認める乾癬です。約70~80%が尋常性乾癬です。
  2. 乾癬性関節炎乾癬によって関節に炎症が起こり関節炎を合併する乾癬です。
  3. 滴状乾癬小児や若年者に多く、直径0.5cm~2cm程度の小さな発疹が全身に現れます。風邪などの感染症がきっかけで起こることがあり、きっかけとなった感染症を治療することで症状は治まりますが、まれに何度も再発を繰り返し、尋常性乾癬に移行することもあります。
  4. 乾癬性紅皮症尋常性乾癬が全身に広がり、発熱や倦怠感などを伴います。
  5. 膿疱性乾癬発熱や皮膚の発赤とともに、膿疱(のうほう)が多数現れる特殊な乾癬です。この膿疱には細菌が含まれていません。

乾癬の治療には、「紅斑(皮膚の赤み)の主な原因である炎症を抑えること」と、「鱗屑(銀白色のフケのようなもの)の主な原因である皮膚の細胞が過剰に作られることを抑えること」の2つがあります。

治療方法は大きく分けて「外用療法」、「光線療法(紫外線照射)」、「内服療法」、「生物学的製剤」の4種類です。
重症例や関節炎が酷い場合は生物学的製剤による治療が必要な場合がありますので、大学病院や総合病院へ紹介します。

掌蹠膿疱症

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)とは、手のひらや足のうらに、水ぶくれ(水疱)やうみ(膿疱)がくり返しできる病気です。膿疱の中に菌は入っていないため、人に感染することはありません。

手のひらや足のうら以外にも、すねや膝、肘、頭、爪の下などに膿疱があらわれることがあり、爪が変形することもあります。
10%から30%の人に骨や関節の痛み(掌蹠膿疱症性骨関節炎)を合併することがあり、特徴的な場所は胸骨―鎖骨間の関節痛(胸鎖肋関節症)です。

原因は特定されておりませんが、歯周病や虫歯、喉の慢性的な炎症、副鼻腔炎という「病巣感染」や、「金属アレルギー」と関連がある場合もあります。喫煙されている患者さんも多いですので、禁煙されることをお勧めします。

治療はステロイド外用剤、活性型ビタミンD3外用剤によって治療します。症状に応じて内服療法・光線療法(エキシマライト )などを追加していきます。

水虫

水虫は、カビの一種である白癬菌が、皮膚の角質層に寄生することによって起こる皮膚の病気です。白癬菌は手やからだにも感染しますが、ほとんどは足に感染します。診断は皮膚や爪を削り、顕微鏡で菌が存在するかを確認します(来院前に抗真菌剤を外用されていると出ない可能性があります)。

治療は抗真菌剤の外用を行います。爪水虫の場合は、治りにくいので抗真菌剤の内服を行うこともありますが、最近は新しい塗る薬がでてきております。

ニキビ

ニキビは尋常性ざ瘡とも言われ、皮脂の分泌が活発になり、毛包(毛穴)に皮脂が詰まって面皰(めんぽう:白ニキビ・黒ニキビ)になり、その後アクネ菌が増殖すると紅色丘疹(こうしょくきゅうしん:赤ニキビ)や膿疱(のうほう:膿をもったニキビ)ができる皮膚の病気です。強い炎症の後には、瘢痕(はんこん:ニキビ痕)を残すことがあります。顔のほか、胸の上部、肩、背中にもできます。

思春期には、性ホルモンの働きにより、皮脂がたくさん分泌されるためにニキビができます。成人では、ストレスによるホルモンバランスの乱れ、間違ったスキンケア、不規則な生活などによってニキビができたり、月経前に悪化したりすることがあります。

ニキビ治療には様々な方法があり、症状に応じて適切な治療が行われます。治療の効果が感じられるまでの期間には個人差があります。

  • 白ニキビが主体の時毛穴の閉塞を除去する薬剤が用いられます。
  • 赤ニキビが主体の時アクネ菌の増殖を抑える薬剤や、炎症を抑える薬剤が用いられます。

丹毒

丹毒は細菌(ほとんどがA群β溶血性連鎖球菌です)が原因で起こる皮膚感染症のひとつです。
主に顔や下肢に発症します。赤みは強くやや盛り上がりを示す特徴的な皮膚病変を生じます。

感染部位では痛みや熱を持ち、全身症状では発熱や悪寒、倦怠感などを生じることもあります。丹毒は皮膚の浅い部位の細菌感染症ですが、感染がより深い部位へと広がることもがあります。
また、丹毒は繰り返すこともありますし、慢性的な経過を示すこともあります。

治療は抗生物質の内服を行います。重症化や慢性化を避けるために、早い段階で病気を診断し適切な治療を行うことが重要です。

ウイルス性イボ

ウイルス性イボ(尋常性疣贅)は、ヒトパピローマウイルスによるによる皮膚感染症です。手足に好発し、足の裏が最も多いです。皮膚の微細なキズから接触感染します。

治療は、液体窒素による凍結療法やヨクイニンエキス内服などを行います。

口唇ヘルペス

くちびるやその周りにピリピリするような違和感やかゆみが生じた後に、痛みを伴う水ぶくれができる病気です。「熱のはな」とも言われます。単純ヘルペスウイルスによる感染症で、疲れた時や発熱時などの免疫が低下している時に症状が出ます。
年に数回症状が出ることもあります。

治療は抗ウイルス薬の内服や外用を行います。

帯状疱疹

体の左右どちらか一方に、ピリピリと刺すような痛みと、これに続いて赤い斑点と小さな水ぶくれが帯状にあらわれる病気です。帯状疱疹は水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルスによって起こります。水ぼうそうにかかったことのある人なら、誰でも帯状疱疹になる可能性があります。

顔の帯状疱疹では、特に目の近くにできると角膜炎や結膜炎、耳(耳の近く)にできると耳鳴りや難聴、顔面神経麻痺などを生じるラムゼイ・ハント症候群を合併することがあります。また、痛み(神経痛)が残ることがあります(帯状疱疹後神経痛)。

治療は、抗ヘルペスウイルス薬の内服を中心に外用薬、痛み止め(痛みが強い時)などにて行います。
抗ヘルペスウイルス薬はウイルスの増殖を抑えることにより、急性期の皮膚症状や痛みなどを和らげ、治るまでの期間を短縮します。抗ヘルペスウイルス薬は、発症早期に内服するほど、治療効果が期待できます。症状を自覚したら、できるだけ早く受診してください。

たこ・うおのめ

たこ(胼胝:べんち)、うおのめ(鶏眼:けいがん)とは、手足の特定の部位に圧力が繰り返し加わることにより生じる角質の肥厚です。うおのめは中央に芯があり、圧迫により強い痛みを生じます。たこは刺激を受けた部分全体の皮膚が黄色味を帯びて厚く硬くなって盛り上がり、うおのめと違って痛みのないことが多いです。

かみそりなどによる角質除去や角質軟化剤の貼付が一般的な治療法ですが、繰り返される刺激が原因であるため、靴や足の変形、歩き方の異常などの原因を除去しない限り再発を繰り返します。

たこに痛みや赤みを伴う場合は、細菌感染を起こしている可能性があります。特に糖尿病の患者さんでは重症化し易いので注意が必要です。

虫刺され(虫刺症)

吸血性の皮膚炎

蚊、ブヨ(ブユ)、ノミ、ダニ、アブなどに血を吸われ起こります。
年齢、体質により反応が異なります(アトピー体質の小児はひどくなる傾向あり)が、通常小児は新生児期を除いてこれらに刺されると遅延型アレルギー反応を生じるので、1日遅れて強い腫れや水ぶくれを作ってから家族が気づくことが多く、経過も長くかかることがあります。

  1. 蚊刺症蚊刺症は1年を通してありますが、夏季に好発します。露出部を刺されることが多く、顔、耳、手首、足首、足を刺されると、乳児期は強く腫れ、目が開けられなくなることや数センチにわたり腫れることがあり、刺し口は水ぶくれを作ることがあります。
  2. ブヨ(ブユ)刺症夏の林間学校や旅行先で、野外で露出した足を刺されることが多いです。
    刺された場所は最初、出血するのが特徴です。翌日から強いかゆみのある赤い小さな盛り上がりでてきます。治りにくい慢性痒疹(まんせんようしん)に移行しやすく、数年症状が持続することがあります。
  3. ネコノミ刺症ネコノミは飼いネコや野良ネコに寄生します。ネコから飛び移れる足(下腿)を刺されることが多いです。
    かゆく、強い水ぶくれができるのが特徴です。遅延型反応を起こし、慢性痒疹に移行しやすいです。

治療はステロイド外用と抗アレルギー薬の内服です。

ハチによる皮膚炎

ハチに刺された瞬間に激しい痛みを生じるため、原因の虫を目にすることが多いです。過去にハチに刺されたことがある場合は、即時型反応によって、全身のじんましん・呼吸困難、血圧低下などのアナフィラキシーショックが生じて命に関わる症状が出ることがあるので注意が必要です。

局所反応に対しては、患部を冷やしてステロイド外用と抗アレルギー薬内服を行います。
アナフィラキシー反応を生じたときは、すぐに救急対応ができる医療機関を受診してください。

ドクガの幼虫(毛虫)による皮膚炎

毛虫の毛が皮膚に接触し皮膚に刺さることにより起こります。直接触れなくても風に乗って衣類や皮膚に付着すると起こります。遅延型反応を起こしますので、1日遅れて小さい急性痒疹が体や手足などに多発します。かゆみが強いです。

チャドクガの幼虫による皮膚炎が最も高頻度にみられます。チャドクガの幼虫は5月から9月にツバキやサザンカの葉に生息していますので、注意が必要です。

治療は、刺さった針を広げないようにシャワーよく洗い流します。その後はステロイド外用と抗アレルギー薬内服を行います。

やけど

高い温度の物質が皮膚に一定時間以上接するとやけどとなります。熱湯や油などの高温でもやけどになりますが、40度〜55度くらいのそれほど高い温度ではないものでもやけどになることがあります。これは低温熱傷と言い、深くなる可能性あります。

治療は、冷却、洗浄、軟膏治療などによる保存的治療と植皮術を中心とした外科的治療などがありますが、やけどの深さや広さで治療法は異なります。

ひやけ

ヒトの健康にとって太陽の光を浴びることは必要ですが、その中の約6%を占める紫外線は、ビタミンDを合成するなどの必要性がある一方で、光老化や発ガン性を持つことが明らかなになっているため、健康のためには過度の照射を避けることが大切です。

円形脱毛症

円形脱毛症は、円形や楕円形の脱毛斑が突然生じ、重症例では増悪・軽快を繰り返しながら脱毛斑が拡大することが多い病気です。頭部全体に広がるものや、眉毛やまつ毛、体毛などに及ぶ重度のものまで、その症状はさまざまです。

原因は毛に対する自己免疫疾患と考えられています。自己免疫疾患とは外部からの侵入物を攻撃することで私たちの体を守ってくれている免疫系機能に異常が生じ、自分の体の一部分を異物とみなして攻撃してしまう病気です。疲労や感染症など肉体的,精神的ストレスが引き金になると言われておりますが、実際には明らかな誘因がないことも多いです。

円形脱毛症 には橋本病に代表される甲状腺疾患、尋常性白斑、SLE、関節リウマチなどの自己免疫性疾患が合併することがあります。また高頻度にアトピー性疾患(アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎)を合併します。

治療はステロイド外用薬や血流促進作用のあるフロジン液の外用を行います。
また、アトピー疾患を合併されている方には、抗アレルギー剤の内服を行います。

重症ではステロイドの内服やステロイドの注射が必要になることがあります。脱毛の範囲が広く重症の場合は、大学病院や総合病院へ紹介させていただきます。

乳児脂漏性皮膚炎

乳児湿疹の中の一つです。生後3から4か月まで男性ホルモンの分泌が盛んになり、皮脂腺から皮脂がたくさん分泌されます。

この皮脂は皮膚の常在菌により分解されて遊離脂肪酸というものになり、皮膚に刺激を加え刺激性皮膚炎を起こすと考えられています。皮脂腺が多く分布する部位(脂漏部位)に湿疹が生じます。通常は、痒みは伴いません。

治療は、スキンケアを中心に行います。
洗浄は、お湯だけではなく、低刺激性の洗浄料を用い脂漏をしっかりと洗い落とします。洗浄後は保湿をしっかりと行います。炎症がある場合は、亜鉛華軟膏やステロイド外用薬を使用します。

おむつ皮膚炎

おむつ皮膚炎(おむつかぶれ)は、おむつそのものやおむつ内の排泄物によるかぶれです。乳幼児のおむつの中の皮膚は常に高温多湿で、おしっこ、便、汗などが付着し、おむつ替えの時の拭き取る刺激や、おむつで擦れる刺激も皮膚に加わるため、接触皮膚炎(かぶれ)や感染症を生じやすいです。
おむつを履いている平均2年6ヶ月の間に、おむつかぶれは誰もがたいてい一度は経験されます。

治療は、適切なスキンケアと保湿剤、ステロイド軟膏外用などにて行います。

じんましん

じんましんは、小児から成人まで高頻度に生じる病気で、蚊にさされたような盛り上がりとかゆみを伴う(かゆみを伴わない場合もあります)病気です。数時間のうちに跡を残さず消え、また他の場所にできます。症状が出始めてから1ヶ月以内に治る急性じんましんと症状が1ヶ月以上も続く慢性じんましんに分けられます。
急性じんましんは食物、細菌やウイルスの感染、薬剤が原因のこともありますが、慢性じんましんを含め、ほとんどが原因不明の場合が多いです。

また特殊なじんましんで、温度の変化(温熱、寒冷じんましん)、入浴、運動・精神的緊張などによる発汗(コリン性じんましん)などがあります。

じんましんが出ている時、出やすい時は、激しい運動、入浴(シャワーやぬるいお湯にしてください)、背中の青い魚(サバ、マグロなど)、香辛料、アク抜きが必要な野菜(タケノコ、ほうれん草、小松菜など)はじんましんを悪化させる可能性がありますので、控えてください。

治療は、抗ヒスタミン剤・抗アレルギー剤を内服します。慢性じんましんの場合、長期にわたり薬の内服が必要なこともあります。

じんましんが出ている時に、しんどい、息が苦しい、目の周り、口の周りが腫れる、涙、せき、腹痛などがある場合は、命に関わる重症のじんましん(アナフィラキシー、アナフィラシーショック)の可能性があります。その場合は、すぐに入院施設のある医療機関を受診(救急受診)してください。

あせも

あせも(汗疹)は高温多湿の環境下や発熱などが原因で、細い汗管(汗の通る道)の途中で汗が排泄されずに貯留することにより起こります。低年齢の小児は発汗量が多くあせも(汗疹)ができやすいです。
あせも(汗疹)は汗が汗管のどこで貯留したかにより、水晶様汗疹、紅色汗疹、深在性汗疹の3つに分類されます。

汗疹は涼しい環境におかれれば自然に消退します。湿疹を合併している場合には亜鉛華軟膏やステロイド外用薬を使用します。

汗をかいたら、水で流すか、濡らしたタオルで清拭することがあせも(汗疹)の予防になります。

とびひ

とびひ(伝染性膿痂疹)は小児に多く、虫に刺されたところを引っかいたり、転んで擦りむいた後などに細菌が感染し、みずぶくれやかさぶたができる感染症です。体の他の場所や、他人に伝染します。
原因は黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌、溶連菌などですが、複数の混合感染の場合もあります。

治療は、範囲が狭い場合は、泡だてた石鹸でそっと洗い、抗生剤の軟膏を塗って、ガーゼで覆います。広範囲に多発している場合は抗生物質を内服していただきます。

水いぼ

水いぼ(伝染性軟属腫)は伝染性軟属腫ウイルスによる子供によくできるウイルス性皮膚感染症です。2歳から6歳に圧倒的に多く見られ、皮膚のバリアが低下(乾燥、かゆみ、皮膚炎)すると感染しやすくなります。患部の皮膚に直接接触、あるいは患者さんが使用した直後のタオルやプールで使用するビート板などの間接接触で感染します。

治療は「つまんで取る」か「自然になくなるのを待つ(自然治癒)」かの2つになります。自然治癒には約1年から2年はかかります。

よって、数の少ないうちは、増えないうちにピンセットでつまんで取ることをお勧めします。取る場合は、麻酔のアレルギーのないお子様には痛みを和らげるために、麻酔のシールを貼ってからとるようにします。
当院ではお子さんの負担を考えて、保護者の方と相談の上、治療方針を決めます。

アタマジラミ

アタマジラミは2mmから3mm程の頭部に寄生し、毛の根元に卵を産みます。ヒトからヒトへ感染するため、とくに戯れて遊ぶ幼児、小学生に多いです。

治療は、市販のスミスリンシャンプーで駆除 、虫卵を細かい櫛で除去します。櫛、ブラシなどの共用はさけ、シーツ、枕などのリネン類をよく洗うようにしましょう。

手足口病

数種類のウイルスが原因なので、何回か症状がでるお子さんも少なくありません。ウイルスは排泄物や水ぶくれの中にいるため、それらに接触することで感染します。

手のひら、指、足のうら、口の中は好発部位で、体、おしり、腕、脚、特に肘、膝などにも赤いぶつぶつや水ぶくれを認めます。爪がとれることもあります。 全身症状は体のだるさ、37℃から38℃の発熱、下痢、吐き気などの消化器症状が認めることもあります。稀に、髄膜炎や心筋炎を合併することがあります。

治療は対症療法です。発熱を認めるときは解熱剤を用い、かゆみのあるときは抗アレルギー薬を用います。

手足口病のウイルスは水ぶくれが乾燥し、喉や口の中の症状が治っても、便の中にウイルスが2週間から4週間も排出されるため、おむつ交換後の手洗いなどをしっかりおこなってください。

インターネット予約|詳しくはこちら 初診の方へ|詳しくはこちら 当院で可能な検査|詳しくはこちら 自費診療について|詳しくはこちら よくある質問|詳しくはこちら 採用情報|詳しくはこちら

クリニック情報

きたば皮ふ科

〒560-0026豊中市玉井町1丁目1-1エトレ豊中201

診療時間
 9:00~12:30
15:50~19:00

休診日木曜、土曜午後、日曜、祝日

窓口受付開始:診療開始時間の10分前からです。

〒560-0026豊中市玉井町1丁目1-1エトレ豊中201

お気軽にお問い合わせください

TEL 06-6840-4112(ヨイヒフ)
  • 阪急「豊中」駅直結

エトレとよなか2階

PAGETOP
Copyright © 2019 きたば皮ふ科 All Rights Reserved.